肌トラブルを起こしている方

肌トラブルを起こしている方

ムダ毛処理というのは、パパッと済ませることができて、なおかつお肌に刺激を与えないものであれば、本当は助かりますよね。
ですが、現実はどうかというと、残念ながら全然違いますよね。
結構時間を取られてしまいますし、カミソリ・毛抜き・脱毛ワックス・脱毛クリームのどのグッズを使用しても、お肌に刺激を与えてしまうことは避けられません。
ですから、ここは思い切って、サロンやクリニックで脱毛を受けて、ムダ毛処理そのものから解放される道を選んだほうが良いと思います。

 

サロンやクリニックでは、安全に施術することを第一に考えて施術を行っています。
そのため、時には施術を断られてしまうこともあります。

 

例えば、施術を予定していた部位に、カミソリ負けやニキビといった肌トラブルが起きていたり、すり傷や内出血などのケガをしていたりした場合は、安全性を考慮した上での判断ということで、施術を断られてしまう可能性が高いです。
では、なぜ断られてしまうのかというと、脱毛そのものが、お肌に刺激を与えてしまうものだからです。

 

脱毛というのは、本来であれば生えているのが当たり前な毛を処理するために、毛母細胞を破壊する行為です。
ですから、お肌が傷付かないわけがありません。
安全性に対しては、最大限の努力をしているものの、100%安全に脱毛することは無理です。
脱毛の施術を受けるにあたって、日常生活のいろいろなことが制限されてしまうのは、お肌にそれ以上の刺激を与えないためです。

 

そして、脱毛の施術によって一時的に傷付いたお肌は、いつも以上に外部からの刺激に敏感になっています。
例えば皆さんが洗い物をした時に、もし手に傷や炎症があったとすると、水がしみますよね。
傷や炎症がなければ、特に刺激に感じることがないことでも、傷や炎症を起こしていれば、刺激に感じるようになってしまうのです。

 

そう考えますと、脱毛の施術を受ける時に、肌トラブルやケガがあった場合、さらに上からお肌に刺激を与えてしまうことになります。
すると、肌トラブルやケガが悪化したり、治りに影響が出たりする恐れがあります。

 

中には、「ムダ毛の自己処理でお肌が荒れた」という理由で、衝動的にサロンやクリニックに駆け込みたくなる方もいらっしゃるかもしれません。
ですが、肌トラブルやケガのある状態で脱毛の施術を受けるのは、大変危険な行為ですから、避けたほうが良いと思います。
通っている最中の場合は、予約を変更し、肌トラブルやケガが治るのを待ってから施術を受けるようにしましょう。

最近になってやっと気付いたこと

若い頃はマメにお手入れは欠かしたことがありませんでした。

 

脇、手、足、Vライン。エステには行ったことがありませんが、毛も薄い方だったので、自分で処理する分にも苦労することは一度もありませんでした。

 

その後、出産を2回ほど経て、今ではとんでもない状態になっています。
産後、体質が変わるとは聞いたことがありますが、私の場合は、抜け毛で悩むどころか、毛深くなってしまいました。

 

冬の間は毛の処理をしなくてもよかったのですが、最近夏日も増えてきて、薄着になる機会が多くなってきました。

 

そこでやっと自分の状態に気付いたのです!

 

腕も毛だらけ、足もスカートなんて履けた状態ではないのです。
ボーボーという表現がちょどいいでしょう。子供を公園に連れてくるママ達も、すごいですね。おしゃれしているし、毛の処理もほとんどのママがしていました。一方、私は・・・・。

 

夫にそのことを夜話してみると、妻がいつまでもキレイでいたいという気持ちは内心嬉しかったようで、

 

「エステにでも行ってみたら?お金も使っていいんだよ。」と言ってくれるではありませんか!

 

気付かないうちに自分のことは後回しで、結果全身毛だらけになっていましたが、夏までにはスケジュールも調整して、エステに通って初脱毛に挑戦します!