脱毛テープ

脱毛テープ

女性の方であれば誰もが、ムダ毛処理に対する関心を持っているかと思います。
どこを探しても、「私、ムダ毛処理に関心がないの」なんて方は、まずいらっしゃらないはずです。
ムダ毛処理を怠ってしまえば、知らず知らずのうちに、周りの人たちに不快な思いをさせてしまうかもしれませんし、自分自身で目立っていることに気付いてしまい、「穴があったら入りたい」という気分になるかもしれません。

 

ムダ毛処理といえば、手短に済ませられる方法がベストですよね。
ムダ毛処理の方法としてメジャーな、カミソリで剃ったり、毛抜きで抜いたりといった方法は、どうしても時間がかかってしまう方法ですから、貴重な時間が取られてしまって迷惑なものです。

 

そこで、「脱毛テープ」を使用して、手短にムダ毛処理をしているという方もいらっしゃると思います。
脱毛テープは、脱毛ワックスと同じようなものですが、一度に広範囲に生えているムダ毛の処理をすることができる方法です。

 

脱毛テープを使用してムダ毛処理をしている方にお聞きしたいのですが、皆さんは正しい方法で脱毛テープを使用することができていますか?
「たくさん抜けたから成功」といった段階で終わってはいませんか?
やはり、正しい方法で脱毛テープを使用することで、お肌にかかる負担を軽減することができますし、より一層キレイに処理することが可能です。
そこで今回は、脱毛テープを使用した正しいムダ毛処理の方法をご紹介したいと思います。

 

まず、脱毛テープを使用するのに適したお肌の状態というのが、「毛穴が開いた状態」であるため、あらかじめ使用する部分のお肌を温めておきます。

蒸しタオルを当てても良いですし、お風呂に浸かった後でも良いと思います。

 

そして、毛穴の開いた状態のお肌に脱毛テープを貼り、毛の流れに沿って一気に剥がします。

これだけで、一気にたくさんのムダ毛を抜いてしまうことができます。
なぜムダ毛だけが抜けるのかというと、脱毛テープは、ムダ毛にのみ粘着力を発揮し、お肌にはあまり粘着力を発揮しないという性質を持った粘着剤を使用しているからです。

 

しかし、そうはいっても、脱毛テープを剥がす時に、少なからず角質を剥がしてしまう可能性があるので、アフターケアは重要です。
毛穴が開いた状態なので、アイシングをして毛穴を閉じてあげることも大事ですし、お肌の乾燥を予防するためには、お肌の保湿も大事です。

 

また、開いた毛穴からは細菌が入りやすく、毛嚢炎などの肌トラブルを引き起こす可能性があるので、お肌を清潔に保つことも忘れないでください。
ムダ毛処理をした後にお風呂に浸かる方も多いと思うのですが、ムダ毛処理をした後の状態でお風呂に浸かると、お湯に浮かんだ細菌が毛穴に入り込む恐れがあるので、ムダ毛処理後の入浴は避けて下さいね。

 

脱毛テープは、「脱毛」という言葉は付いているものの、本格的な脱毛のように、毛母細胞を破壊してムダ毛の再生能力をなくすものではありません。
そのため、しばらく経つと、またムダ毛は生えてきてしまうので、「脱毛効果はない」ということは、念頭に置いておいて下さいね。